その女、身をえうなきものに思ひなして

アダルトチルドレンを生きる。

元旦那とのことを思い出してみる

何でも割り勘のデートだった

最初は「家にお金入れてるからお金あんまないんだ」と言っていた

まー、嘘なんですけど

家にお金は一切入れてなくて 返済しててお金ないだけ

でも私が「そっかー、偉いねー」と褒め続けてたら 嘘つき続けるのが辛くなった とかいって ゲロった

 

お金、大変なら私が貸そっか?

と言ったのは付き合い始めて2〜3ヶ月後

この時貸した3万は 未だに帰って来てない

 

デートは男が奢るか 多く払うもの、ってのがあるけど

うちは割り勘

向こうは社会人で あたしは大学だけど 割り勘

 

「ねー、割り勘じゃなくて、奢る ってなったらどうなるの?」と聞いたら

「デートの数が半分になるよ」と言われた

 

向こうは「車で出かけたらガソリン代もETC代もかかる」というので 食事とかで私が多めに出したり

元旦那はすぐに私の家に入り浸りになったので

料理洗濯家事全部私の仕事になった

お弁当持たせた時期もあったね

 

私はただの大学生なので バイトをしないとダメで

結局 バイトにはいっても大学には行けなくなり 留年

ちなみに留年一回、卒業延期も一回した

 

私は大学を卒業して 就職した

 

もともと返済は、なん年くらい?と聞いたら

「5年かな!」と言っていたが

5年は経っていたが まだ完済の話は聞かない

 

そこで問いただしたら 「返済もしてたけど お金足りなくなって キャッシングしたり クレジットカードで買い物してリボにしたりして」

また借金は360万くらいになってた

 

なんでだし!!

 

それとは別に 資産家の知り合いに200万くらい 借りっぱなしなんだよ?!

 

元旦那は、車が好きで 車をいじって そのパーツをしょっちゅう変えてた

それが不経済だから 今度は フルスペックの新車をローンで購入

そのローンが彼の家系を逼迫し 自分の好きなもの買えない、といって キャッシング、クレジットカードで買い物 リボ払い

 

「このくらいの生活をするのは普通。お前が貧乏すぎ。貧乏な生活するのは キモいよ、ダサいよ」こういう考え

 

 

ここで 私は 共依存っぷりを大発揮する

 

 

「あんたの借金 一緒に返す覚悟が出来たから 結婚しよう」

 

 

もう 意味がわからない(笑)

 

 

そして 約束として キャッシングしない、クレジットカードは使わないをして

そのかわり 生活費は全額私が出します、更にあなたのお小遣いも私が出します

あなたはあなたの給料全部ほとんど返済に帰るんでしょうから

これで一緒に返していきましょう、と。

 

私はダブルワークを始めて昼も夜も働く