その女、身をえうなきものに思ひなして

アダルトチルドレンを生きる。

与えられた場で 使命を務める 一年。

昨年の今頃は「あ、おもちが買えないってこういうことなんだ」と、思っていました。

なんとか無事(?)に1年を迎える事が出来ました。
みなさまの励ましのおかげです。本当にありがとうございました。

実家と縁を切って 勝手に自営業なんて好き勝手やってるわけなんですが
おかげさまで、年末には大掃除をし、正月飾り飾って、仕事納めで料理屋にみんなでご飯食べに行ったり、年調〆にひぃひぃいって、なんとか源泉年内に出したり(ほっ
近くの魚屋さんで刺身を買ってきて、つまみながら紅白見て そば食って
年始は年始で 初詣に行って 商売繁盛の祈祷に厄払いもして 氏神様のところにいってお札貰ったり、
持ち食べて、雑煮食べて、ケンタッキー食って、黒豆たべて、箱根駅伝見て、新しい榊を飾って そしてもう仕事始めですよ
スタッフさんが出勤するたびに 立って頭を下げて 「おめでとうございます。本年もよろしくおねがいします」とご挨拶をして

なんつー 完璧な年末年始。

実家にいたら こんなことできませんでしたよ!!!

実家は「お金を使うことはダメ」の精神(?)で 盆暮れ正月クリスマスバースデーが無い家なので
行事ごととか四季折々のイベントとかそーゆーの一切ないので 大掃除とかやっても中途半端、初詣だって3日くらいになって 人が少なくなったころに行って お賽銭1円とか投げて終わり。おみくじも無し!

お正月に限らず 休暇はどこにもでかけず 寝て過ごす。

もちくらいは食うけど おせちなんか食べたことも見たこともないって家庭で育ったもので

本来 こういう時期にはこういう事するよ ってのが ほんとに 無い

常識知らず 世間知らずの私。

正月飾りなんて 何買っていいか わっかんないし!!

 

商売初めて 諸先輩方に言われて 神棚を買って お札を買って 1日と15日に榊と 水、塩、米を変えて・・・

なんて 素敵な習慣を よもや わたしなんぞが するときがくるとは!ですよ

しかも 驚きなのが それを 既に1年終えたという事。

すごすぎ。

 

年末だって年越しそばが絶対じゃなかったから、どうしてもそばを食わねば年を越せない!って言われたのにはビビりました。すげー怖かった。

今年の年末はちゃんと用意しておきます。

うどんやそうめんじゃだめなんだね、年越しは。

 

実家と(精神的に、正式に)離れて暮らす生活は 私に新しい発見をもたらしてくれています。

「よそはよそ!うちはうち!」とは言いますが、我が家は我が家に引きこもっていた部分が本当に多かったのだと 今更ながらにその事実にぶち当たります。

まだ、あの中にいる人がいる事を思うと 暗くなって鬱々としてくるので やめにします。

 

ある程度、世間一般の(?) 日本の家庭がやっているような 行事ごととか ちゃんと自分の生活にもいれて

今 過ごせていることに感謝して 毎日を暮していきたいなと思います。

 

そういや、昔「毎年初詣で御祈願するよ」と言っていた 同僚に対し「正月から神様にそんなに金使うなんてブルジョワだね!」と答えた私を思い出します。

同僚が ドン引きしていたのも 思い出します。

 

大ジョブ。あたしは もう あたしだから。

過去は振り返るけど 戻りはしない。